バガバットギータ― 豆本

昨年から、ヨガのオープニングトークで、お話をしてきた
『バガバットギータ―』
これはインドではとっても有名な物語で、
神様(クリシュナ)と人間(アルジュナ)の対話で出来ている物語です。

かの有名なインドの独立の父、マハトマ・ガンディーも、この『バガバットギータ―』を
手元に置いて何回も読み、非暴力、不服従でインドを独立へと、
偉業をなしとげたと言われています。

この本を熟読している頃、
ふらっと入った鎌倉の服屋さんの棚の上に、キランと光るものが。
それがこの『バガバットギータ―』の豆本でした。

その精妙なつくりと、美しさに感動し、
お店の方に、『これは、ディスプレイですか?』と聞くと、
二つしかないのですが、販売しています。と。
『ヨガのオープニングトークで、今、バガバットギータ―のお話をしている』と
言うと、『ああ、本当に必要な方のところに行くのですね』と定員さんもニッコリ。

そして導かれるように、1月にインドへ行った際、立ち寄ったダイアナンダアシュラム。
このダイアナンダスワミのお部屋に、やはり、『バガバットギータ―』の豆本が。
(色はちがうけど、こちらのは赤!)

やはり、このように豆本にすることで、肌身離さず持ち歩き、
神様からのメッセージやエッセンスと共に、いるようにするのね、、、と。

そんなこんなで旅を続けていると、なんと!
鎌倉で出会った『バガバットギータ―』の豆本が販売されているところへ遭遇。

感激でした。
物も、人や場所と同じ。すべてはエネルギー、波動なので、
出会うタイミングや必要性は完璧ですね。。。


Yoga  of  SeIf  ControI
と、書いてあります。

必要な方に届きますように。

1冊 1200円

(郵送の方、切手代+140円)

・サンスクリット語と英語で表記
・サイズ 6×5×2.8 ㎝

お申し込みはこちらから
https://yogafield.net/contact

郵送の方は、郵送先のご住所をお知らせください。

 

南インドのサンクチュアリ【 ヨガマットケース 】

今年、2020年の1月。
南インドの旅の最後に訪れた場所は、
それはそれは、この世の天国(ヘブンではなく、サンクチュアリと表現できる)のような場所でした。
広大な土地に、野生の孔雀や、たくさんの見たこともない鳥たち。
朝からたくさんの鳥たちの鳴き声の何十層の合唱に目が覚めて、朝日が昇る前から、
ひろいひろい大地で瞑想。そこで朝日が地平線から登ってくるのを、全身で感じます。
池には蓮の花が咲き乱れ、そこら中には、たくさんの見たことがない花々。
香りも良くてね。
沐浴ルームも藝術的で、マーキュリーのような大きな大きなオブジェのような瞑想ルームは円形。
1000人、2000人の世界中から、この土地めがけてやってきた、滞在者のみなさまと、
床にすわり、マントラを一斉に唱えて、右手でいただくご飯。
宿泊施設は現代美術館のような、インドのスラムや、アシュラムとはまた違った
美しい場所での数日が、南インドの締めになりました。

ちょうど満月をこのサンクチュアリで迎えることになっていたとは。

ここはヨガが大好きなみなさんに、この土地をご案内したいなあ。。。
そう感じていました。

この天国のようなヨガセンターは、センスが抜群で
ヨガマットケースがあったので、購入し持ち帰りました。

必要な方に届きますように。。。

左 ロータス (完売しました)
右 MOON (完売しました)

¥2500-(内税)

お申し込みは【お問合せ】からどうぞ

 

ヨガマット

ヨガの良いところは、色々ありますが、
『 身一つ 』 で、できるということ。

自分自身がここに在る。
それだけではじめられる。
しかも いつでも どこでも。

そんなヨガに魅了され、熱病のようなヨガ通いがはじまり、
気が付くと、ヨガをお伝えさせていただくお役目になっていました。

そこで、ヨガに来て下さる、みなさまからの質問で、
『 ヨガを続けていきたいのですが、
オススメのヨガマットは?  ヨガマット選びのポイントはありますか 』 と。

そう、唯一あった方が良いものは、ヨガマット。

いざ購入しようとすると、その種類の多さにびっくりします。
メーカーや、色だけでなく、素材、厚み、重み、お値段、さまざま。
1回購入すると、そんなに買い替えるものでもないし、
自分にぴったりの一本を見つけたいですよね。

中々、実際に敷いて試すことが出来ないヨガマットですが、
もし試せる機会がありましたら、 ダウンドック!(下向きの犬のポーズ)
このアーサナで、マットの大切なポイント、グリップ力や、耐久性がわかります!

私は、綿本彰のヨガティーチャートレーニング、40名が集まった機会をチャンスにと、
当時、自分が使ったことのない全員のヨガマットを、試させてもらいました。

色々試した末に、実際に私が気にいって、今使っているヨガマットは
ヨガワークス のもので、6mmタイプ。

耐久性、グリップ、安定感、価格 のバランスがとても良いのと、
少し厚めのクッションが、座ったり、寝転んだりするときの体をサポートしてくれる。

プロ用の1万円前後の、天然ゴムのマットを使用していた時もありますが、
ヨガワークスのこの1本で十分だなと、落ち着いております。

この度、ヨガワークスさんに交渉し、ヨガワークスの ヨガマットを
ヨガフィールドで、少しお安くして、販売することが出来るようになりました。

IMG_1412

左から  ピスターシュ ・ ティア ・ ラベンダー ・
ローズピンク ・ カメリアピンク ・ バーガンディ

詳しくカラーが観たい方は、
ヨガワークス ( yogaworks ) のホームページからも商品が確認できます。

通常価格 税込  4320円
↓ ↓ ↓
ヨガフィールド価格 税込 4000円

 

※ 縁の4カ所ラウンド、ヨガワークスのロゴもステキです。
※ お試ししてみたい方は、レンタルマットもこのマットですので、お声をかけてください。

商品のお申込み、お問い合わせは、ホームページの 『お問合せ』 から や、直接でも。

新しいマットで、新鮮な気持ちで。
静かな心で、神聖な気持で。

ヨガブロック

2月からメディテーションヨガを はじめるにあたって、
ヨガブロックの取扱いをはじめました。

ええ、ヨガブロックです。
レゴブロック ではありません。← このボケ、いやんやろ!(セルフツッコミ)

メディテーションヨガは、前半がリラックスのヨガ。
瞑想に入りやすくするためのものです。
後半には、シャヴァーサナと座位で瞑想です。

座位の際に必要になってくるヨガブロック。

定価よりお安くお買い求めいただけるようになりましたので、
ご案内させていただきます。

IMG_1423

1つのブロックで、3つの高さが作れるヨガブロックは、
一番手前の状態の(1番低い高さ)の上に座り、無理なく
正座や(バジュラアーサナ)、あぐら(スカアーサナ)をキープします。

他にも、このヨガブロックは、苦手なアーサナでも、安定感を出したり、
広がりを感じていただくサポートとして役にたちますので、
順にご紹介させていただきますね。

カラーは、深いグレープ色。 バーガンディ。
中庸の色。慈愛の色。

通常価格 税込  1944円
↓ ↓ ↓
ヨガフィールド価格 税込  1700円

 

商品のお申込み、お問い合わせは、ホームページの 『お問合せ』 から や、直接 でも。

ヨガブロックで。
あなたの根っこを 大事に大事に根付かせて。
大切なものは何があっても、揺るがないように。

 

メッセージカード

ヨガフィールドでのレッスンのガイド役を務めさせていただく時に、
大切にしていることにの一つに
『 言葉を選んでお伝えする 』 と 言うのがあります。

これは意識をせずに、自然にそうしていたことなのですが、
ある日、私の尊敬する方から言われてびっくりしてこと。 それは、

「里佳さんは、声の波動がとても良いもで、声にのせてお伝えていくお仕事が合っていますね。
その波動の声にのせて お伝えする言葉は、皆さんの深い部分に、
心地よくストン、ストン、と入るのですよ。」 と。

それ以来、益々身が引き締まる思いで、
本来の皆様の奥にある、優しく、あたたかく、美しい部分と、共鳴し合うように、、
言葉を選ぶようになりました。

そしてヨガのレッスン中には、伝えきれないメッセージを、50 wordを、
50枚のカードにして、レッスン前に、興味のある皆様にひいていただいていました。

IMG_0930

日常にはただの偶然は一つもなくて、実はあなたに必要なことは、
いつもメッセージを通して、やさしく後押ししてくれます。

そんなサインに気づき始めると、生活自体が面白くなってきますね。
自分にわかりやすい形とタイミングで、ますます意味のある偶然の一致が起こるようになってきます。
意味のある偶然は、明らかに今の自分への、答えやヒントを示しています。

そんなあなたの気づきのお手伝いになれればと、製作したメッセージカード。

言葉も、カードも、デザインも、箱も、すべて手づくり。
ヨガフィールドの完全オリジナルです。
カードは一枚一枚手作業でカットし、角を丸め、箱はキャラメルBOXのように作りました。

今回は限定で 5つ 販売。

良かったら、毎日、そっとひいてみませんか。
ご家族や、お友達さまともご一緒に。

★ 一箱 3000円 (ヨガフィールド会員さま 2800円)
   完売しました。 ありがとうございました。

IMG_0511

ご注文は、CONTACT、お問合せからでも、直接でもお待ちしています。