日印文化交流、美術館でのヨーガ誘導

今から100年前に交流を持たれていた、
インドの思想家 哲学者 詩人 タゴール。
そして明治生まれの仏画を書く日本画家、荒井寛方。

二人の交流、日印交流から100年、
近頃は(特に東日本大震災後は)人々の意識が、
東洋にフォーカスされつつあるのを感じます。

image1

image2

多くのものは、1つの真理から出ていて。
その1つの真理からの異なる表現。

タゴールの詩は精神の深いところにまで届くし、
荒井寛方の仏画は、
日本の美の在り方を今一度教えてくれる。

仏画を目の前にして、心がじんわり温まり、
その絵画の美しさを捉える、その私達の心こそが、
仏なのかもしれないなぁと思うの。

FullSizeRender-2

このような機会にヨーガの誘導と、
多くの方々と時間を共有できましたこと、感謝申し上げます。

image3

ただ あるように あるだけ

こうよう  は   紅葉   と書き
もみじ     も   紅葉    と書く

その心は。

momizi

美しき日本語。
美しき日本人の感性。

葉っぱをじーーーっとみて感じるの。

この1枚1枚の子達は、左右が対象でなくても、
大きくても小さくても気にしない。

誰かより早く色づいても、色づかなくても、気にしない。

ただ、あるようにあるだけ。

国際統合医療協会 で ヨーガ発表

【 国際統合医療協会 で ヨーガ発表 】

先日、新宿安与ホールにて、
国際統合医療融合協会の発足式。
この場で、ヨーガの講義と呼吸法を誘導させていただきました。

image1

医学博士
大学教授、講師様
様々な会社代表、役員様
スリランカの僧侶様
アーユルヴェーダ省の方々等

約120名の方々の学会へのご参加。

image2

東京MXテレビの撮影も入り、

統合医療医療への関心の高さが伺えます。

そして
講師9名。

その内容がかなり深くて、私にとっては刺激的な時間になりました。

講師の皆様の輝かしい功績。
それに甘んじる事なく、
お幾つになれてれいても、
芯、情熱、探求心を感じる。その輝き。

例えば講師の代表として、
広瀬輝夫先生
NY在住の医学博士。

image3

医療の現場を良くしようと、純粋に情熱を傾けられ、
154カ国を回り、様々な国の伝統医療を研究し、御年92歳。

情熱でひたすら走って来られて、きっと92歳までも  あっという間だったんだろうなぁ。

1本1本の糸が紡ぎ合わさって、
人生を織りなされて来られたんだろうなぁ。

このような先生方々の人生を目の前で垣間みさせて頂き、しみじみと感慨深いものがありました。

それらがあまりにも興味深いお話でしたので、数回に分けて順にシェアしていきますね。

以下、今日は私、

yoga field
衣川里佳  の発表内容の一部です。

↓↓↓

私達は、ずっと体調や調子の良い時もないし、その反対もない。

60兆個の細胞が元気になると
私も元気になる。
私もが元気だと、細胞も元気になる。

反対に細胞が元気ないと、私達も元気がなくなる。
私達が暴飲暴食すると、細胞が元気がなるなる。
細胞と人は、お互いに相応し合っている。

ならば。

もっと大きな視点で観てみよう。

私達は、地球という大きな生命体の上で生きている。
地球と私達は関係性があり、
お互いに相応し合っている。

地球が元気だと、私達も元気に。
反対に私達が元気だと、地球も元気になるのでは。

細胞   人   地球

しっかり自分を癒し、ケアしていくことが、大きな地球という生命体の、癒しとケアにつながるのでは。

CO2の削減等、西洋的な技術だけでは、地球のケアは追いついていない。
私達は専門職でもない限り、地球のケアは難しい。

だとしたら、
私達に出来ること、
それは。

自分に合う方法を見つけて、
自分をしっかりと癒す事。
ケアしていく事。

私の好きな言葉です。
『 病気の出口を探すのではなく、
元気の入り口を見つけよう。

生き難さの出口を探すのではなく、
生き易さの入り口を見つけよう。』

大トリを勤めて参ります

この2017年の中で、11月は注目をしておりました。何が来るんだろうかと。
とってもうれしいニュースが来ました。

中川十郎先生

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/中川十郎

日本の経営学者で、元東京経済大学経営学部教授、
日本ビジネスインテリジェンス協会の会長様が、

『 国際伝統医療融合協会 』
を立ち上げられ、
その発足式が、明日、新宿安与ホールで開催されます。

一流の錚々たるメンバー様がお集まりになり、お話ももちろん楽しみですが、

私は中川先生の人生そのものにも興味があり、
ビジネスからの角度とはいっても、伝統医療に興味を持たれた経緯や、生き様などを、
いつかゆっくりと伺ってみたいです。

中川先生のこのような活動から、日本の 『 医療』 という概念が、
これから大きな動きを見せてくれそうで、とてもワクワクしてきます。

下記のプログラム

衣川里佳
大トリを勤めてまります。

たくさんの貴重なお話を聞かせていただいた後に、
ご参加120名様の皆さまとご一緒に、様々な呼吸法を順に誘導させていただきます。

実践が大切。
真理は経験を通してしかわからない。

このような機会に深く深く感謝いたします。

【プログラム】

(1)  『新興医療融合について』
廣瀬輝夫・日本医療経営学会名誉理事長、国際融合医療協会理事長、秀明大学名誉教授、元ニューヨーク医大臨床外科教授

(2)  『がん検診と治療法~先端研究の現場から』
小林常雄・国際がん予知予防センターセンター長、医学博士

(3)  『ガンの免疫療法について』
古田一徳・ふるたクリニック院長、医学博士、北里大学医学部非常勤講師

(4)  『珪素水の健康に与える影響』
東学・工学博士、グローバルハート顧問

(5)  『薬膳と健康』
中村信也・東京家政大学教授、医学博士、日本薬膳協会理事長

(6)  『TH-VCOと唾液ORP測定と酸化還元電位指標について(含む実演)』
棟田寛人・大友慶孝、日本ORP測定研究協会理事長

(7) 『「縄文の言葉の力」~言霊を神魂す言の葉~』
松木貴子マリア・ソプラノ歌手

(8) 『科学が語る:呼吸法が提供する健康とセルフケア』
キールタナ・マリアパン・ART OF LIVING財団インストラクター
スワミ・サドヨージャータ師・ART OF LIVING財団インターナショナル代表

(9) 『ヨガと呼吸法』
衣川里佳・yoga field代表

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ビルの森、新宿に、安与ホールという こんな木(ビル)があったのですね。

image1

新宿ルミネと、シネマカリテの間に。
とても大切な日。
シネマカリテに吸い込まれないようにしないとね。

111111111111


明日は11月11日。
6年前の  2011年11月11日は何をしていたかというと、、、
その年の3月11日は、東日本大震災の日で。
なので祈るように、’11.11.11の、11:11からの1分間。
タダアーサナ。1のポーズ。
天と地をつなぐ架け橋になり、

『 どうぞ私を好きに使ってね 』と。

これからは、お1人お1人が、
神社にあるような、
ご神木になっていく時代に。

だから。
シンプルなこれらのポーズが好き。


image1

 image2

111

11月の満月

土曜日午前中は、成瀬体育館で、ヨガを誘導。
思えば昨年の今頃に、前任の先生からクラスを請け負い、
その頃は60名様だった、このクラスも、気がつけば、111名様に。

1のフィーバー

image3

この1年で、こんなに多くの方が、ヨガに来てくださるなんて、
しかも、いつの間にか、
ご主人様を、もしくは奥様を誘って来てくださるようになったご夫婦。
そして、親子で来てくださったり、
お友達さんを連れて来てくださったり、

そうやって自然に増えてきた、
そのアットホームな感じがたまらなく好き。

ヨガを一緒に深めていく皆様は、
私にとっては家族そのものなの。

お一人お一人とご挨拶を。
軽くお話をしたり、声をかけあう。

お約束をしていなくても会えるなんて、なんて幸せなお仕事なのでしょう。

レッスンに入るの前と最後に、
111名様と一斉に
礼をし合う。

礼をし合うこと、
それはとても尊い瞬間。
なんて幸せな瞬間なのでしょう。

111

image1

この前の11月1日は 我が家の結婚記念日。
今年で20年目でした。

でもそんな主人はね、
私がヨガの話を夢中でするのを嫌うの。

嫁さんがわかっていて、
自分がわからないと、腹がたつらしい。

違う世界観をもってしまったら、
コミュニケーションが取れなくなるんじゃないかという恐怖感、

そのまま突っ走ってどこかに行ってしまうんじゃないかという恐怖感が、
まだ少し残っているみたい。

でも、私からヨガを取り上げると、ダメになるのも見抜いてるみたい。

うーん、
主人と私とヨガは
もうしばらく三角関係かしら。。。

ヨガをすると

ヨガをすると愛情を感じる
暖かいものが流れるのを感じる
ああ、私、ここにいるんだなと
生命の存在を感じる

IMG_5118

美術館での和ヨーガ 誘導 

自然、、そして美しく暖かいものが好き。
わたしはそれらがあることで、
混沌とした世の中に、ようやく対処出来る気がする。。。

なので
今回の企画をいただいた時、とても嬉しかったの。

FullSizeRender

荒井寛方。
明治生まれの日本画家。
観音様の画が有名で、数々の場所に貯蔵されている。

そんな荒井寛方ミュージアムでのヨーガを誘導させていただきます。
http://www.city.tochigi-sakura.lg.jp/site/sakura-museum/

日印友好交流年記念
ということで、

荒井寛方と、

タゴール。
インドの詩人、思想家
(アジア人初のノーベル賞受賞者。
ノーベル文学賞)

大正時代の彼らの交流から、企画されました今回の日印交流ツアー。

インド大使館や横浜駅東口から送迎バスが出ます。
しかもなんと!
美術館側からランチも出してくださり、
入館料も無料。

実費は、バズ代  往復1500円のみ。

秋が深まる頃に、バスツアーで
日本の秋の風景と、芸術をゆっくり堪能してみませんか。
芸術や自然との中で、メッセージを受け取りませんか。

ご興味ある方、おまちしています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

✫ 日時
11月19日(日) 13:30〜16:00(予定)

✫ 参加費
往復のバス代  1500円
ランチ、ミュージアム入場料付き。

横浜駅東口 8時出発予定→
インド大使館→
寛方記念館→
インド大使館→
横浜駅東口 19時30到着予定

(中型バス)

⚫︎ バズ乗り降り場は、
横浜駅でもインド大使館でも、それぞれに選んでいただけます。

⚫︎ 荒井寛方ミュージアムは、
栃木県 さくら市にあります。
東京から、バズで3時間と見込んでおります。
往復のお時間を考えて体調とご相談してくださいね。

⚫︎ バスを使わず直接、美術館へ向かわれても大丈夫です。

(和ヨーガは、椅子に座っての誘導のため、ヨガマットは必要ありません。)

詳細、お問い合わせ、お申し込みはこちらからどうぞ
↓↓↓

http://yogafield.net/mf/

痛くてたまらない傷

ヨーガの誘導をさせていただくようになって、多くの方々と出会い、
そして時間を共にさせていただくようになって5年。

皆さんと一緒にヨーガの旅をする中で、皆さんの心身の喜びの声もたくさん聞くし、

反対に

皆さんの中に、表には出さないけど、
『 痛くてたまらない傷 』を見ることがよくある。

その傷は、身体の傷だったり、心の傷だったり。

その心身の傷が痛くて、
『 眠れない夜もあるんだろうなぁ。。』
そう感じる。

それらを感じ、涙が出そうになる。

いつもニコニコ笑っているSさん。
子供のように純粋で、実はとても繊細。
その分、傷つくこともあるんだろうなぁ。

いつもニコニコ笑っているけど、
笑う事で、必死に自分を守っているんだろなぁ。。。

レッスンの間に泣かれる方はよくいらっしゃって、

それは喜びの甘い涙だったり、
反対に
昔に泣いていたはずの涙が、泣けずに、そのまま溜まっていた、しょっぱい涙として今、溢れ出したり。

そんな様子をみて、

『  私には何ができる???  』

結局、私はヨガティーチャーと言っても、
すごい技のようなアーサナが出来るわけでもない。
そんな、『すごい!』 や 『 強い!』
を目指すわけでもない。

私が皆さんに出来ること、

それは、ひたすら、ひたすら、
チャクラ調整を行い、
自分自身を純粋意識にしていくこと。

ヨガ誘導中は特に、
ひたすらチャクラ調整。

そしてその状態で、
ただ 皆さんに

寄り添う。

音(言葉を)発して、波動で純粋意識を届ける。

それが伝わるといいな。。。と
最初は祈りながら。

でもそのうち、そんな祈りっている感覚さえも消えていく。

ただただ満たされた存在だけが残り、とっても心地よい。
本当に幸せ。

もちろん、上手く行くときと、いかない時があるけど、

私は皆さんに教えるというより、
見守り、寄り添う。

今日、
Sさんから、お手紙をいただき、涙が止まりませんでした。。。

色々と書いてくださっていて、
そんな中に、

先生のヨガは、
『  私は1人じゃないんだ。。。  』
と言う事を、深く教えてくれる。と。

そう、私達は、自然の一部。
繋がりあっている。
その繋がりを忘れると、たちまち不安になる。

繋がりを、体感出来るように、ワンネスの感覚をと、ヨーガの誘導をしていく。

頭で理解するのではなく、体験を通して、その感覚を深く落とし込む。
自然の状態に還っていくようにね。

すると、うん、ダイジョウブ!!!
と。
問題は何もなかったと知る。

純粋な命そのものに触れていくように。

そこに触れると

ハートが、欲しいマインドから
あげたいのマインドに、

自然に変わるのだから。

FullSizeRender

インド トレンド フェア東京 2017 【 ヨーガを誘導します 】

9月27日〜29日、日印国際産業振興協会主催の、インド トレンド フェア 2017。

FullSizeRender

http://india-trend-fair.tokyo/

そんなフェアのなかで、28日

瞑想ヨーガを誘導させていただきます。

⚫︎   9月 28日(木)

11時より      シタール
13時            ミラノ写真家 西川先生トーク
13時30分    古典舞踊
14時30分    衣川里佳  ヨガ
15時            タブラートーク
16時30分    衣川里佳  ヨガ

ヨガはマットは必要なく、椅子に座って行います。

1回目と、2回目もヨガ内容が違っています.
古典舞踊も、 バラタナティアム
タブラートークも、

高崎さんといって、インドのコルタカから、日本に戻られている方です。
インドの上質なファッション(レディース、メンズ、ホームファッション)
(販売はなく、展示のみだそうです)
入場無料になっています。
アートの秋にぜひ。