森のテラスヨガ ~ マッチングピクチャー

【  マッチングピクチャー  】

全ての出来事には意味があって。
その全てが、誰かと誰かをつなぐ。

人と人の出逢いは、偶然ではなくて必然で、
それは人もそうだし、場所もそう。

私はそう思っているけど
あなたも『そうかもしれないな』って、思ったりするかしら?

・・・・・・

ここはキリンビバレッジ元会長、阿部さまのご自宅の森のテラス。

191006_005(1)

今年の春にひょんな偶然から、地元の鶴川、岡上にあるご自宅の森のテラスで、お茶をいただく事になり、
自然との共存30年のライフスタイルを目の当たりにしました。

その時のその春に、ここでヨガの種が植えられて、この実りの秋に、花が咲きました。

191006_035(1)

~ 森のテラスヨガ ~

当日の午前中は雨予報でしたが、手作りのテルテルてる子と共に、開催を決定。

191006_053(1)

すると雨は降らずに、最後のシャヴァーサナの後半に、ミストの洗礼の雨、浄化の雨が、降り注ぎ、その後はピタッと雨が止みました。

ヨガを深めていくと、自然観、宇宙観が変わります。
私達人間だけではなく、目に見えない森の精霊も沢山いる中でのヨガは、お写真には写っていませんが、本当に気持ちがいい☺️
気持ち良い〜〜で、氣(プラーナ)が流れます。

ヨガ後は、お庭で摘まれたフレッシュハーブでのお茶は、身体をよみがえらせる生命力。

191006_122(1)

自然に感謝。
そしてこの場と皆様と出逢えてご一緒出来たことに感謝です。

ほら、お写真もバンザーイしてるね。

IMG_5662

たった今にバンザイ!

・・・・・

この日から一週間後の今日。
関東に大型台風。
地球も私達も同様、生命体。
この時代の過渡期に
バランスを取ろうとしている。

マッチングピクチャー

今、この場で自分がする事は何?
私はどんな状況にあっても、その生命体が持つ、力強さ、しなやかさ、優しさ、美しさに目を向ける。

191006_015(1)
全ては乗り越えられる力があると信じて、
そして乗り越えた後の世界にフォーカスして。

191006_031

Lokha Samastah Sukino Bhavantu

フィレンツェの美しいヨガスタジオ

フィレンツェ入り。
このイタリア旅のメインにしていた街。
とてもしっくりとくる美しい街。

中心のフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅から近くのヨガスタジオで。

さすがフィレンツェのヨガスタジオ!
こんな美しいヨガスタジオ初めて

やはりヨーロッパ建物が持つ、石造りの中の静けさや、美しいアーチや、光の入り方、少しだけ配置されている椅子やテーブル、ロッカーはヴィンテージの家具

image3

ブジャンガアーサナや、アップドックをする度に、天井が見えますが、天井がスケルトンで
美しいフィレンツェの空や街が見えます。

image4

先生はこのYOGA  GARAGE の創設者のテス。

アシュタンガから、パワー、陰、ヴィンヤサ、色々なヨガを全てされてきた、ヨガの探求者。

image1(1)

イタリア語はさっぱりわからないけど、
アーサナの名前(サンクスリット語)と、

イタリア語の数字

ウーノ(1)
デューエ(2)
トレ(3)

が分かれば、何とかなるものでした。

ヨガは世界共通語。
ヨガを一緒に行うたけで、すーっと仲良くなる

地元の方とご一緒に、こんな美しいヨガスタジオのヨガ経験をナマステ

ぜひステキなスタジオをご覧くださいませ

image2

◆◆ 古今東西手仕事店 ◆◆

喜び  悲しみ  嬉しさ  痛み
人生は、色々なものの取り合わせ

私達の身の周りにあるものは
そんな人生の 悲しみや喜びに
優しく寄り添ってくれるものがいい

いつも
手のあたたかみと
胸の奥のあたたかみと
命のぬくもりを感じていたい

そんな毎日に寄り添う
古今東西の手仕事の品を
ひとつひとつ見立てて展示販売するお店を
期間限定でオープンすることになりました

お店は  築120年の蔵を改装。
その1階はバル(Bar)になっていて、
期間中は、蔵のオーナーのワイナリーからの
川崎初の自家製ワインやクラフトビール、
畑で取れたフレッシュな生ハーブのハーブティーや軽食などもご用意して、
心もお腹も満たします。

image1(1)

新宿から30分のところに、今もなお、懐かしい里山や田園風景が残る、
奇跡的な場所、鶴川、岡上。

ぜひ秋のお散歩に、皆様のお越しを心よりお待ちしています。

ーーーーーー  古今東西 手仕事店  ーーーーーー

◆ 日時   10月31日 (木) 〜 11月3日 (日)
10時〜16時
( バーカウンター11時〜15時 )

◆ 会場   蔵邸

◆ 住所   川崎市麻生区岡上225
小田急線  鶴川駅 南口から徒歩10分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

yoga  fieid
蔵邸ワインスクールCoeur Riche
Photo by  Sanae Otsuka

ヨガ動画撮影とインタビュー

フィリップ・モリス社からのお仕事でした。
ヨガ動画とインタビュー、写真撮影。
イギリス、ロシア、南米、日本。
全ての国か、または どちらかの国にWEB動画で流れます。

本格的なロケハンに、多くのプロのスタッフ様。

で、『ヨーイ  スタート!』の カチンコ  でのスタートに、
素人なので、おののきつつ緊張し、撮り直しも何回もありましたが、
スタッフの皆様がとても親切で、撮影を終える事が出来ました。

重な経験に感謝です。

お陰でインド行きの資金が出来ました。

私からのメッセージは
~ 自分自身を思い出す場所 ~

image1(1)

〜 森のしらべ の テラスヨガ 〜

IMG_2983
〜 Cottage Garden Yoga 2019 〜

ヨガとは、自然な自分に戻る時間

普段、不自然に生きていることが多い私達、人。
人だけが、自然界のホイールから出てしまい、時が長くなります。

周りの人から『承認されたい。愛されたい。』という気持ちから、自分でない自分を演じたり、我慢したり、抑えたり、溜め込んだり。でもそれはどうしても疲れてしまう。

ヨガはそこから自由になる時間です。

気楽に自分に戻る時間。

そこは、体の奥の方から、いつも命の喜びが、呼吸と共に広がっているのを感じ、
たった今に、ハートを柔らかく大きく開くことができる。

自然な自分に戻れば、どんな都会の真ん中にいても、いつもこの自然界と自分は繋がっていてるという深い安心感の中で、自分の内側の中心部分から、喜びが湧き水のように、広がっていくのを感じ、その全てが生きることを、とても豊かにしてくれます。

そんなヨガの活動を続ける中、
ステキなご縁がありました。

地元、鶴川、岡上。
ご案内された森のテラスのオーナーご夫婦さんは、終始穏やかな柔らかな笑顔。

イギリスや北海道にもお住まいされていたこともあり、30年前に自然と共存するライフスタイルを求めて、場所を探され都内からあえて移住されました。
2500㎡の森の中で、150株のバラと草花と鳥と共に生きる。そしてそのライフスタイルを提案されているご夫婦でした。
オーナーの奥様、Nazumi 様からのメッセージです。

〜〜〜〜〜〜〜~~~~

木々の間にじっと座って 風の音(しらべ)をきいてごらん
この森に棲んでいる精霊や妖精の声が聞こえるでしょう
木や草花 鳥たちと心を通わせ やがて沈みゆく夕陽と
きらめく星たちに めくるめく宇宙の摂理の想い
心静かに 森の家を楽しもう

ベランダにて Mayu Nazumi

〜〜〜〜〜〜〜〜~~~~

自然界から絶え間なくやってくるメッセージは、純粋な意味を発しています。

言葉や思考を通してではなく、感じ方をとおして。

ぜひこの機会にに、
森のしらべ(音)のテラスでのヨガを
ご一緒してみませんか。

自分のためが、みんなのためになりますように。そしてそれが生き方そのものになりますように。

皆様との自然のなかで、ヨガを通してご一緒出来ることを楽しみにしています。

この機会と出逢いに感謝を込めて。

衣川里佳

IMG_3954

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 日時 ◆ 10月 6日 (日)
10:30~12:00  (受付10:10~)

ヨガ後のティータイム 12:00~

 場所  森のしらべ
(小田急線 『鶴川』駅 南口から徒歩20分)

個人宅になりますので、確実にお申込みが確定された方に、
順に住所と詳細をメールにてお送りいたします。

 定員  25名様  満席になりました
お席のスペースに限りがあります。
とりあえずお席確保のお申し込みはご遠慮いただいております。
確実にご参加が決まった時点でお申込みくださいますよう、
よろしくお願いいたします。

 

 参加費  3500円   ( ヨガ後に テラスでお茶のお菓子付き )

 持ち物 
● ヨガマット
(レンタルヨガマット200円もあります。
ご希望の方は、申込み時ににお知らせください。)
● 水分補給できるもの、
● 動きやすい楽な恰好
(お着替えする場所はございませんので、動きやすい恰好でいらっしゃることをお勧めします)

 申し込方法 
ご予約はこちらから
↓↓↓
http://yogafield.net/mf/
もしくは 直接 衣川まで

IMG_2257

 

 

9月7日(土)成瀬での会館でヨガを開催します

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9月7日(土) 成瀬での会館でヨガを開催します。
~~10時~11時半~~ 予約制(無料駐車場あります)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9月は成瀬体育館のレッスンは、体育館のお休みと、長期の旅が重なり、
8月末、9月全日、5週連続で、土曜日レッスンをお休みをいただくこととなります。

そして
普段は100人以上の多くの方々でヨガのため、お1人お1人を、身近に感じることができないことが、常々気になっておりました。

今回のこの機会に、90分、お1人お1人のお名前や特徴を身近に感じながら
ヨガを開催する運びになりました。

共に ~ 自分自身を理解し、命を輝かせていきましょう ~
この機会にぜひという方、心よりお待ちしております。

定員数 ・・・20名さま 
満席になりました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご興味ある方は、場所等、費用、詳細をお伝えさせていただきます。
お問い合わせやお申込みはこちらになります。
↓↓↓
http://yogafield.net/mf/

8P4A6537_original(1)

心が雨の日も

好きな事を  ただただ、ずーっと続けてきた。
心が晴れの日も、雨の日も。

好きな事をしているだけで、やがて
心の雲がとれて、澄み渡り、晴れになっていく。

好きのパワーは勝手に溢れ出し、
気がついたら、周りの方にシェアしていて。

ヨガレッスンだけでなく、
月一のウェブ雑誌、ヨガコラムも担当させていただき、ようやく少し慣れてきた。

この好きな世界を、知らない方に、しかも対面せずに、しかも書き言葉と写真だけで、どう表現すれば伝わるのだろう。

何とウェブ雑誌は、10万〜6万PV。
10万件配信という意味らしくて、
少なくても6万件配信。

雑誌レベルですよと、編集局長。

うーー、私の日本語は 相当怪しいから、
プロのリライト(毎回唸るほど素晴らしくて、さすがです!)きっちりと
入れてくださり、仕上げていただてますが。

目の前の見えない方を想い、想像する。
想いが届けと、創造する。

幸せって、外から得るものではなくて、
幸せって、内から溢れ出して創造するものなのね。

image1(1)

*︎  椅子ヨガ(チェアヨガ)シャム猫のポーズ

伝統医療協会で椅子ヨガ

医学博士の先生方々、ベンチャー起業の社長さま方々、80名様。
椅子ヨガ誘導してきました。

image3

五大元素、
地、水、火、風、空
をご自身の中に、体感していただけるようにして。。
ご自身の中に全てがあるの。

頭の中は空。スペース。

Don’t think. Feel!
(Bruce Leeの名言)

と。
image1(1)

頭の中のざわめきは、砂時計の砂のように
下腹(丹田)に、サラサラと落としていく。。

という事で、子供みたいに、無邪気に素直に過ごして参りましょう♡

先生方々、皆さん、ちゃーんとやってくださってる〜〜!

image2

とても好評だったようで、
たくさんの方々から、『短かき時間なのに気持ちよかったー』と!

嬉しいなぁ〜〜。

お隣の席は、ドクター中松先生でした。
94歳でもまだまだお元気でしたよー!!

 image4

国際伝統・新興医療融合協会での発表

IMG_2430

医学博士や 名誉教授、メディカルセンターの部長さんなど、健康や医療のスペシャリストの先生方々と共に、発表の機会を頂いている、伝統・新興医療の会。

未だかつて経験したことの無い、変動の時代に入る今、
最近の医療や健康の在り方や、今後の方向への学びを深めることが出来ます。

yoga  fieid 衣川里佳も、4500年前から続くヨーガを実践さながら、日々、自分自身に深く向き合い、命を呼び覚ますもの、気づいたことを発表、実践させていただいています。

ご興味ある方は、直接フライヤーの事務局の方へどうぞ 。

image1(1)

image2

綿本ヨーガスタジオでの、師匠の最後のレッスン

 

IMG_2401

40年間続いてきた、綿本ヨーガスタジオ。
スタジオ閉鎖に伴い、いよいよ今日が師匠、綿本 彰先生の最後のレッスンになりました。
レッスンに入る前の朝から、気持ちはウルウル、落ち着きません。

スタジオは混雑を予想し、会員のみ、しかも会員番号の末尾が偶数、奇数にわけて、
最後のレッスンの今日は奇数。私は奇数でしたので、参加する事が出来ました。
『ありがたいなぁ』と向かう銀座のスタジオ。
これも最後か〜と。

最後のレッスンだから、先生のエッセンスを、ふんだんに自分に染み染み染み込ませて、
ヨガに通って来てくださっている生徒さん達にも、そのエッセンスをお伝えしなきゃと、
勝手に静かに使命に燃えておりました。。

教室が空いて、一斉に皆さんがマットをひいて場所を決める。。
実は皆さま、結構遠慮されてか、一番前のド真ん中が空いているではありませんか。
ほんの1秒ですが、私は、迷いなく、スッと嬉しそうに、師匠の1番真ん前、どセンターにマットをひく。

それは、自分に染み込ませて、150名さまに伝えるため。そしてもちろん自分のためでもあります。

アリーナ中のアリーナ。

レッスン中は、彰先生の真ん前にある、大きなクリスタルボウルに、ウッターナアーサナする度に、頭を突っ込みそうになる。。。(笑)
バランス崩したら、頭でクリスタルボウルをかち割る事になる。。。(笑)
そんな雑念の中でも、徐々に集中は高まり、エッジがどんどん効いていく。。。

こうして師匠と、皆さんで、このスタジオで、このヨガが出来ること!!!
幸せっっっ〜〜♡

この同じ時代に産まれて師匠に出会えたこと、このスタジオに出会えたこと。

心身がボロボロだった頃、先生の本と出会い、本とCDで、孤独に必死に、自分を立て直そうと、
お家でヨガを実践していました。
本当に孤独でした。

すこし体力が着いた時、
やっとの思いで、綿本師匠に会いに、銀座まで、電車で通えた時、
綿本先生に出会った時、
『この方は本当に実在する人だったんだ。。。。』

と感激した事を、今も鮮明に覚えています。

孤独にヨガを実践していた私はだからこそ、
このヨガに出会えて、それを皆様にシェアしたくてたまらなかったのかもしれません。。。