鬼と出会った時に

 

高校生の息子が、『 これ、母さん好きやと思う 』
と、オススメしてくれたのも。
ペプシコーラのCMですが、
まさに  【 ド・ツボ!!!!】

桃太郎のお話をアレンジし、音楽も、映像、ビジュアル、配役、映画並です!
グッ ときます! ググググッッ ときます♡

主人公は小栗旬演じる、桃太郎ではなくて、
ジュード・ロウ 演じる 鬼。、、、 (だと私は思うんですね)
(カッコイイデス♡)

120秒のロングタイプのCM、鬼のストーリがわかるのでよかったらご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=tBVLm-e4wg8cleardot

 

そう、、、切ないですね、、、

私達の人生の中でも、『 この人なんなの? 人の心あるの?? 鬼??? 』
と思うような人に出会うことがあったりします。

皆さんはそんな、鬼(と思えるようもの)に出会った時はどうしますか?!

そう、鬼にも、鬼になってしまうような過去が、バックボーンがあったりするわけですね。
なので、『あー、そっか、この人は色々あって、そうとしか言えないんだな。
そうとしか表現できないんだな。。。 』 と。
攻撃してくる、それは、その人の心の叫びなんだな、、、
と、理解をすることができるのです。

ではそんな、鬼を理解する境地にいれるのは、何か。
自身がニュートラルでいれているかどうか。ですね。

鬼の悲しみや、苦しみ、攻撃をかわして、理解をする。
そう、ヨガの誘導で、よく言うセリフ。
『見つめて、認めて、見守って』
そうしていると、ニュートラルになっていきます。

そして

自分の中にいる、鬼。

多かれ、少なかれ出てくることはあると思います。
これ、皆さまはどうしていますか?

このペプシのCMのラストの文字
『 自分より強いやつを倒せ 』、、、、違う違う違う!!!

この真逆をするといいのです。

鬼を退治するという発想はやめて、とりあえず、よしよしとハグ。
しばらく一緒に、お茶をしたり、お酒を飲んだりして
鬼のグチを聞いてあげるのです。

このペプシのCMのラストのように、鬼を倒してしまったら、、、
桃太郎もまた同じ道に。
鬼になってしまって、新たな桃太郎がやっつけにくる。
桃太郎が鬼に。
ミイラ取りがミイラです。

鬼を退治するという発想はやめて、
寄り添っていく。。。
ほっておくと、ますます鬼は気が付いてもらおうと、
ますます巨大化し、暴れていきます。

鬼にもハグ。
鬼のグチを聞いてあげる。

鬼とも仲良くなれれば、こわいものなし!!!
猿、犬、キジ、鬼、桃太郎、みんなで平和に暮らしましたとさ、、、
めでたし、めでたし。。。

なのにね。

このCMのシリーズは
エピソード1~3
犬の物語
キジの物語 (名作映画 プリシラ を彷彿させます)
桃太郎出会うまでの、
それぞれの映像、ビジュアル、ストーリー!
素敵です♡

よっかたら、併せてお楽しみください♡